• 求人媒体は積極的に利用した方が良い

    就職したいとか、再就職したいというときには、何の遠慮もしなくて良いから、求人媒体を積極的に利用するのが良いということが言えます。ともすると、余計なお金が掛かるとか、何か変なことに巻き込まれるのではないかというような心配から、二の足を踏むことも無きにしもあらずですが、そのような心配は無用ということになります。そもそも職業紹介法という法律の関係で、求職者から手数料などをもらうことは禁じられており、取っても良いケースはごくわずかな、特殊なことに限定されているということがあります。
    つまり、求人媒体のほとんどは、求職者からお金をもらうことはできません。

    求人媒体の情報を探すならこちらです。

    生業のポイントは、求職者ではなく、求人企業といったところが主なお金の出どころということなのです。

    求人媒体もビジネスですから、お金が入らないと、企業として成り立ちませんから、収入を得る努力や工夫をしますが、その相手先の多くは企業ということになります。


    お金がかからないということで一安心ですが、逆にそのことを踏まえると、注意しなくてはならない別の問題があるということになります。


    つまり、求人媒体の目は、求職者ではなく、求人企業に向いているということになります。



    そうなると、求職者の一人ひとりの就職の面倒を見ることよりも、求人企業が求めている人材像にフィットする人材だけをマークするということになるわけです。


    そうでない場合は、余程のアピールをしないと、就職や再就職が実現しないということになります。



    この点は十分に踏まえて活動すべき重要なポイントということになります。